酸性雨対策 ACID RAIN POLICY

 大気汚染は工場、自動車などにより排出される窒素酸化物、硫黄酸化物などで汚れた大気に、雨が降ると酸性雨となります。一般的にはPH5〜6程度の雨ですが酸性が強くなると森林を枯らし河川、湖、沼、海等へ流れ、生物を死滅さあせると考えられます。
又、人間に対し健康障害を引き起こす要因となり、我々は、中水として雨水を使用する場合、水質管理にはPH管理が重要だと考えています。