電気・通信設備設計監理 ELECTRIC AND TRANSMISSION EQUIPMENT

電気設備と言ってもその役割は様々であり、発電・送電・受変電等の強電系、照明・電話・各種通信等の弱電系と多種多様である。また、近年インターネット等の普及により加速度的に変化し続けています。

受変電設備
電気はビル、工場、照明、情報、空調、製造等様々な設備に必要でありその大部分は電力会社から供給されている。受変電設備は安全性、信頼性、経済性、保守性、更新等を考慮したシステムとしての機能が要求される。その内容は電気設備の規模、用途、重要度により決定されるので、あらゆる条件を慎重に検討しなければならない。

発電設備
発電設備は、商用電源と並列(系統連系)、又は独立して運転される。これに対し、非常用発電設備は通常待機停止しており、商用電源が停電した時に始動、運転される発電設備。発電設備の種類には太陽光発電、風力発電、燃料電池やディーゼルエンジン、ガスエンジン、ガスタービンエンジン、風車を使用したものがある。

幹線設備
幹線設備には照明設備や動力設備へ電気を供給する電力用幹線と通信・情報信号を伝達する通信用幹線があるが、一般に幹線設備という場合は電力幹線を指す。

動力設備
一派に電気エネルギーを機械エネルギーに変換する電動機及びその付属機器、制御装置、保護装置、配線などで構成される。用途分類すると空調用動力、給排水衛生用動力、搬送用動力、防災用動力、厨房用動力がある。

照明設備
照明設備は光を作り出すための光源・照明器具、光源に電気を供給するための分電盤・配線、照明を制御するために各種センサー・制御盤及び点滅器・調光器などから構成される。

監視制御設備
電気、空調、衛生、防犯、防災等の建築設備の運転管理や状態・故障監視、機器間の連動制御を行う設備である。監視制御により建築設備を最適に制御する事により、便利、快適、安全な環境を提供する。また、省エネルギー、フレキシブル化、保全性の向上等によるランニングコストの低減と信頼性の向上を提供し、付加価値を高めている。

情報通信設備
情報の伝達手段及び、伝達経路を提供するものであり、情報の種類、内容、規模等により伝達手段、道具、経路を変えている。また、その目的・用途に応じて各種の情報通信設備が設置されている。

防災設備
消防法や建築基準法において、火災、地震等災害における刑法、避難、消火、防火などを行う設備であり、建物用途、規模により設置基準が定めれている。